亀頭直下埋没法とはどんな手術?

・亀頭直下埋没法なら手術をした跡が分かりにくい
現在の包茎手術では、手術跡があまり目立たない亀頭直下埋没法がよく用いられるようになっています。また、この手術法では性感を残すこともできるのが大きな利点です。

どうやって行うのか?

まず、勃起時のペニスの長さからどれだけの包皮が余っているかということを計測します。それに沿って亀頭のすぐ下の皮を取り除き、いわゆる「カリ」と呼ばれるペニスのくびれの部分で縫合します。

どんなメリットがある?

亀頭の境目に沿って縫合することになるので、傷との区別がつきにくくなり跡が目立ちません。また、ほかの手術法では亀頭側の色の薄い包皮と根本側の色の濃い放屁を縫合することになるので、どうしても色が不連続で不自然になってしまいます。しかし亀頭直下埋没法ならば薄い色の部分は取り除いてしまうので、縫合後の不自然さが気になることはありません。

それに加え、いわゆる「裏スジ」は切除することはないので、性感に影響も出にくくセックスの楽しみが減ることもありません。

また、手術後には「内板」という弱い皮膚からの出血や腫れといったトラブルも起こりやすいのですが、亀頭直下埋没法ではこの包皮自体を切り取ってしまうため、そのリスクも少なくなるのです。

デメリットにはどんなものがある?

何かとメリットの多い亀頭直下埋没法手ですが、それだけに手術自体の難易度も高いです。切り取るべき包皮の長さを間違えてしまうと、傷跡が目立ってしまったり、皮がつっぱるといった失敗の原因ともなり、最悪の場合は裏スジを切り取ってしまうというケースもあるようです。

これを避けるためには、事前によく担当医の実績などを調べておいて、熟練した技術による手術を受けることが大切になります。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る