環状切除法とはどんな手術?

・環状切除法はもっともポピュラーな手術法
環状切除法はとてもシンプルに包皮を切り取ることができるため、多くの包茎専門クリニックや泌尿器科でも用いられているポピュラーな手術法です。

・どうやって行うのか?
まず、勃起時のペニスからどれだけの包皮が余分になっているかを測ります。そこで決めた切除線にしたがって、輪切りに包皮を切り取って縫合するだけのシンプルな手順です。

・どんなメリットがある?

なんといってもそのシンプルさが最大のメリットですが、それは医者側だけではなく、患者側にとってもおよそ20分程度の短時間で手術を済ませられるという負担の軽減になり、また失敗するリスクも低くなるという利点もあるのです。

勃起時のペニスを基準にするために、皮がつっぱるといったようなトラブルも起こりにくく、性感にかかわる部分もメスは入らないので、セックスの楽しみにも影響はありません。しかし人によっては、あえて早漏対策として裏スジを切り取ってしまう人もいるようです。

・デメリットにはどんなものがある?

ペニスの包皮は、根元から亀頭に向かって徐々に色が薄くなっています。環状切除法ではその途中から輪切りにしてつないでしまうので、どうしても繋ぎ目に不自然な色の違いが出てしまうのです。

それ以外にも、縫合の跡も目立つ位置にくるので、ぱっと見で手術したことが分かってしまいます。こうしたデメリットは精神的にも大きいので、そのことも含め、事前に医師やカウンセラーなどとよく相談しておくようにしましょう。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る