包茎手術の方法・やり方

主に国内で用いられている包茎手術法は亀頭直下埋没法、環状切除法、根部切除法の3つです。施術法という術法もありますが、これは仮性包茎の場合に用いられる術法であり、切ることなく治す方法です。

手術にはメリットもあればデメリットもあります。手術痕が目立たないようにするには高い技術力が要りますし、簡単な手術の場合には傷跡が残ったり、ペニスと陰茎の色が不自然になります。

「他院修正」手術を行うクリニックも存在します。これは他院で行われた包茎手術を修正するための手術であり、要求される技術力はとても高いものになります。熟練した技術を持つ医師が在籍するクリニックを選ぶ必要があります。

こうした包茎手術はあらかじめ細かい点についてチェックしておくと、診療や手術を行うといったときにコミュニケーションが円滑に進むのでぜひ勉強しておいてください。

手術法の長所や短所についてまとめていますので、参考にしてください。

切らずに行う包茎治療について調べてみました!     

・包茎は切らずに治療することも出来る?
包茎の治療というとまず思い浮かぶのが、切除手術、しかし最近では包茎の治療として、切らずに行うものも注目されています。切らずに行う治療で注目されているのは、ナチュラルピーリング法や接着法、主に仮性包茎の治療として用いられることが多い方法です。 続きを読む »

他院修正とは?     

・他院修正のさまざまな具体例と対処法
包茎手術では、それ以前の手術で失敗し、その修正を別のクリニックで受けることがあります。それを他院修正という診療項目で示しているのですが、実際にどのようなケースがあるのでしょうか。その具体例を紹介し、原因と対処法を見ていきましょう。 続きを読む »

根部切除法とはどんな手術?     

根部切除法なら目立たず回復も早い

根部切除法は包皮を輪切りにする環状切除法を応用した技術で、おもに仮性包茎に対して行われることが多い方法です。

どうやって行うのか?

まず、勃起時のペニスの長さからどれだけの包皮が余っているのかを測ります。これに沿って環状切除法では亀頭側の包皮を切り取りますが、根部切除法ではペニスの根元側の包皮を輪切りにして取り除きます。 続きを読む »

環状切除法とはどんな手術?     

・環状切除法はもっともポピュラーな手術法
環状切除法はとてもシンプルに包皮を切り取ることができるため、多くの包茎専門クリニックや泌尿器科でも用いられているポピュラーな手術法です。

・どうやって行うのか?
まず、勃起時のペニスからどれだけの包皮が余分になっているかを測ります。そこで決めた切除線にしたがって、輪切りに包皮を切り取って縫合するだけのシンプルな手順です。 続きを読む »

亀頭直下埋没法とはどんな手術?     

・亀頭直下埋没法なら手術をした跡が分かりにくい
現在の包茎手術では、手術跡があまり目立たない亀頭直下埋没法がよく用いられるようになっています。また、この手術法では性感を残すこともできるのが大きな利点です。

どうやって行うのか?

まず、勃起時のペニスの長さからどれだけの包皮が余っているかということを計測します。それに沿って亀頭のすぐ下の皮を取り除き、いわゆる「カリ」と呼ばれるペニスのくびれの部分で縫合します。 続きを読む »