包茎手術にかかる時間は? 即日帰宅可能?

■手術した日に帰宅は可能?
包茎手術を考えている時には、どのくらい時間がかかるのか気になるところです。
日々忙しい人の場合には、どのくらい時間があれば手術できるのか、手術したその日に帰宅できるのかどうか知りたいですよね。

一般的に、包茎手術はそれほど難しいものではなく、時間もそれほどかからないものです。
もちろん、個体差があったり手術の方法が違ったりしますので一概には言えませんが、よくある方法の一つである亀頭直下埋没法であれば、およそ30分ぐらいと言われています。

だいたいは1時間もあれば十分ですので、忙しくて長く時間が取れないという人でも比較的受けやすい手術となっています。
手術の前にはカウンセリングを行いますが、同じ日に手術をしてほしい場合には、カウンセリングしたすぐあとに手術してもらえるので、何度も来院しなくても良いです。

平日に手術を受けるのは難しいという人には、土日などの休日に対応してもらえるクリニックもありますので、そのような場合はクリニックに問い合わせて確認してみましょう。

手術を受けた後は、麻酔の方法によって少し変わりますが、基本的にはその日に帰宅できます。局部麻酔の場合には、簡単な説明を聞くだけで、そのまま帰ることになります。また、静脈麻酔を選んだ人の場合には、約1時間程度は安静にしておく必要がありますが、その後帰宅できますので、それほど時間がとられるという訳ではありません。

手術を受けた後日には、抜糸してもらうなどのためにクリニックに足を運ぶことになりますが、もし抜糸が必要ない方法を選択している場合には再度クリニックに行かなくても良いケースがあります。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る