手術を受ける際のリスクって何ですか?

■包茎手術を受けたいのですが、リスクがあるのでしょうか?
包茎手術を受ける場合に、手術が失敗してしまう可能性はあるのでしょうか。医療技術や研究の発達とともに、包茎手術も以前に比べると飛躍的に改良されており、手術が失敗に終わってしまうという可能性はあまりありません。

しかし手術という性質上、時として思わぬ結果に終わってしまうこともあります。件数はごく少ないのですが、包茎手術に伴うリスクはまったくゼロというわけではありません。

包茎手術で失敗というと、仕上がりが悪く、縫い合わせ部分の傷あとが目立ってしまった、あるいは縫い合わせた部分を境に色がツートンカラーになってしまった、などが挙げられます。

昨今主流になっている手術方法では、このような失敗例はあまり聞かれませんが、しかし手術の成功は執刀する医師の腕にかかっているといっても過言ではありません。手術を受ける際には十分に下調べを行い、経験のある医師のいるクリニックを選ぶようにしましょう。

包皮を切除する際に誤って性感帯自体を損ねてしまったり、あるいは切除すべき包皮の計測に誤差があったりすると、生殖機能が低下してしまうこともありえます。包茎手術を受ける際には、くれぐれも経験と実績を兼ねたクリニックを選ぶべきといえます。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る