術後にセックス・オナニー はOK?いつから解禁?

■術後いつから解禁される?
包茎手術を行った後は傷口が落ち着くまで安静にしなければなりませんので、セックスやオナニーは厳禁です。

セックスやオナニーを禁止することはもちろん、日常生活も色々な事項が禁止になります。

手術当日は包帯を取らずにそのまま寝ます。なぜなら、人間の体の中で一番敏感な部分を手術しているわけですから、いきなり動いたりすると患部の血圧が急激に上昇し、出血してしまう可能性があるからです。

術後翌日は病院で診察したり消毒することが望ましいのですが、病院まで簡単には行けないという方は患部の状態を電話で診察してもらい、術後の様子を伝えるだけで大丈夫という場合があります。

そして3日目以降は消毒や包帯を交換する作業に入ります。そして3日目以降からシャワーを浴びることが許可されます。

さらに2週間が経過したら抜糸に入ります。糸が取れたらあとは入浴しても大丈夫です。

最近は術後に自然に溶ける糸を使う場合もあり、その糸を使った場合には3週間後ぐらいに糸が取れ始めます。

包茎手術から1ヶ月が経過すると日常生活をほぼすべて行えますので、この時点からセックスやオナニーが解禁となります。

傷口は2週間ほどで収まりますが、ここでセックスやオナニーをしてしまったら傷口が開き、出血してしまい傷口が開く可能性もあるので、1ヶ月は絶対にセックスやオナニーをしないでください。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る