包茎手術を受けるためには入院が必要ですか?

■包茎手術に入院は必要ありません
切除手術の一つですが、手術に要される時間は短く、さほど複雑な手術ではないため、包茎手術を行う際入の入院は必要ありません。大きな外科手術と異なり、数日間ベッドで安静にしなければならないということもありませんので、包茎手術のために数日間にわたって休暇を取る必要もありません。

簡単に終わる手術ですので、体にかかる負担も最小で済みますので、どなたにでも気軽に受けていただけます。クリニックによっては当日カウンセリングを受けたのち、その日のうちに手術に対応できるところもあるほどです。

では包茎手術の基本的に流れについて見てみましょう。手術を受けたいと考えている方は、まずはそのクリニックにおいて手術内容についての説明を受けます。質問や疑問がある場合はその場で解決するようにしましょう。

料金を含めた手術全般の内容について十分に納得がいったら、手術へと進みます。包茎手術では余分な包皮を切り取り、その後縫い目が目立たないように縫合します。手術は通常局部麻酔を用いて行われます。手術が終了したらとくに問題ない限り、そのまま帰宅となりますが、抜糸が必要な場合にはもう一度クリニックを訪れる必要があります。

他にはとくに問題ない限り、切除部などの消毒もご自分でできますので、いちいち来院しなけれぱならないといった煩わしさもありません。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る