包茎はEDや早漏の原因になってしまう?

・包茎を治療することで早漏やEDも解消できますか?

包茎を放置しておくと性感染症にかかりやすくなるといわれていますが、包茎によって起こる問題はこれだけには留まりません。包茎は早漏やEDの原因の一つとしても挙げられています。

・包茎と早漏との相関関係とは

真性包茎にしろ、カントン包茎にしろ、包茎のいちばんの問題点は亀頭が露出していないことといえます。亀頭が常に露出している場合には、常に何かしらの刺激を受けていますので、亀頭が刺激に対して慣性を持つようになっています。しかし包茎の場合、亀頭が刺激に対して非常に弱い状態になっているため、早漏といった症状となって表れることがあるようです。

他にも実際には早漏ではないにも関わらず、包茎により早漏になってしまっているのではないかという精神的なプレッシャーを感じる方も多いようです。このような精神的なプレッシャーにより、早漏を引き起こしていることもありますので、ともかく包茎を治療することが、早漏あるいは早漏かもしれないという不安を解消するいちばんの早道といえるのではないでしょうか。

・包茎とEDとの相関関係について

包茎という状態に対してコンプレックスがあるために、自信をもって女性との関係に挑むことが出来ない方も多いようです。勃起障害も早漏同様、包茎コンプレックスゆえに引き起こされている可能性があります。

・包茎手術を受けることで自信を取り戻しましょう!

包茎だからというコンプレックスを抱き続けていることにより、早漏やEDといった症状を引き起こしてしまうことがあるのは事実でしょう。早漏や勃起障害は包茎自体から生じる問題点に加えて、精神的なプレッシャーによりさらに悪化してしまうことがあります。

このような問題も、思い切って包茎治療を受けることにより、すべて解消することが出来ます。無駄な精神的プレッシャーから解放されるためにも、適切な包茎治療を受けることをお勧めします。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る