手術失敗談から学ぶ包茎手術

■包茎手術での失敗談
男のコンプレックスである「包茎」。実に日本人男性の7割が仮性包茎であるというこの事実は、これまでの雑誌やメディアの宣伝により、包茎手術を行って男としての自信をつけたいと願う男性の心を鷲掴みにしてきました。

そして実際に手術に成功した体験談として、やはり自信がついたり、これまで以上にセックスに対して積極的になれたといったプラスの意見を聞くことができます。しかし、プラスがあればマイナスもあるものです。包茎手術を行ったは良いものの、失敗してしまった人は以下のような体験談を口にしています。

ぜひ、これらの生の声を参考にし、これから包茎手術を行おうとしている人の力になれば幸いです。

・形がおかしくなった
『私は過去に某クリニックで包茎手術をしました。手術前にはクリニック側の説明で仕上がりは綺麗になるとのことでした。しかし手術後には縫合の跡がくっきりと残ってしまい、腫れているのです。

しかも、亀頭部分がドーナツ状に盛り上がり、形がいびつなものになっています。再診をし、どういうことなのかと問いただしたところ、「射精できるんだから成功です」と言われてしまい、それ以上何もありませんでした。

こんな変な形の亀頭をしていては、女性といざセックスという段階になっても勇気が出ませんし、男としてのプライドも砕かれた思いです。こんなことなら手術しなかったほうがマシなぐらいだと思えてきました。後悔しています。』

・セックス時に痛みがある
『私は包茎手術してから約1年ほど経ちます。しかし、勃起時の痛みがまだあり、血が出たりします。痛みがあるので勃起させることへの抵抗があり、セックスしている時に血が出たらどうしよう、皮が切れたらどうしようという恐怖心があります。手術したクリニックで皮を切りすぎたせいなのか、突っ張る感じがいつもあり、勃起させる前に萎えてしまうという心配があります。早目にこの状態を治すために再手術を受けたいのですが、包茎手術の費用も高いので、おいそれとはできません。』

包茎治療はこのように一度ミスをすると取り返しがつかない手術にも関わらず、ミスの体験談を聞くと何やら怖くなってしまいますよね。そして泌尿器科の場合には包茎の治療が目的のため、先端部分の色がピンクで根本が黒ずんでいるといった色の違いが出たりします。安価な泌尿器科で手術してまたクリニック通いなんてことは二度手間になりますから、こうしたことは避けたいですよね。

・セックスの快感をほとんど感じない
『しっかりと性感帯を残すと言われたのに、セックス時の快感がほとんどありません。亀頭の下にある皮が残っていないせいなのです。勃起時の痛みや突っ張る感じもありますし、これではセックスが楽しめません。おかげで彼女との仲も悪くなるし、最悪の展開になってしまいました。』

・訴えようと思っています。
『包茎手術の治療費を100万円以上請求されました。ネットでクリニックを見つけてそちらに手術を頼もうと思いました。費用は7万円と書かれていたのでこれなら大丈夫だと思ったところ、形が変だのあることないこと言われ、A、B、Cのプランから選ぶように言われました。Aプランは安い(8万円)ですが、病気のペニスのようでした。そして選ばされたBプランは形成手術など、さまざまなオプションを含め、計100万円のローンを組まされたのです。腫れ予防のコラーゲン注射などがそこには含まれていました。

私としては一度帰って検討したかったのですが、その場で言葉巧みに言いくるめられ、包茎手術を受けさせられました。出来も酷いもので、訴えようと思っています。

■包茎手術を失敗しないためのチェック

このように、包茎手術のためのクリニック選びを誤ると、こんなに酷い結果が待っているのです。正しい知識を得、クリニックを選べばきちんとした価格で術後の経過も良好な手術を受けることができます。チェック事項としてはクリニック・医師の実績を確認することです。

実績があるクリニックというのは個人のペニスに合わせた治療をし、トラブルなく治療をしてくれますし、修正手術の実績が豊富なクリニックを選ぶのも良いでしょう。修正手術の実績が高いということは、他院で失敗した包茎手術を修正してくれる技術があるということなので、そのクリニックは頼りになることでしょう。

さらに、アフターケアやカウンセリングがしっかりしているのも実績があるクリニックの特徴です。生涯保証のアフターケアをしているクリニックもありますから、仕上がりがイマイチな場合、無料で再診してくれます。

最も大切なことは費用を確認することです。追加で料金を取られることはないか、オプション料金も合わせて明記されているかどうかといったことについてもチェックが必要です。後で高額な料金を請求されないためには、こうしたチェックポイントを自らチェックして手術に臨む必要があるのです。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る