クリニックと泌尿器科の相違点

・治療法法を比較してみる

包茎専門クリニックと泌尿器科のどこが違うのか
包茎治療をするならおすすめは包茎専門のクリニックです。しかし、泌尿器科で治療を受けるメリットもそれなりにありますので、両者を比較してみましょう。

費用が安いのは?

費用面では泌尿器科のほうが安くて済みます。保険が適用されるからです。一般的には2~5万円程度で済みます。ただ、対象は真性包茎のみとなっていますので、カントン包茎や重度の仮性包茎の場合は保険適用されるかを診察時に聞いてみることをおすすめいたします。

一方、包茎専門クリニックで治療を受けた場合は、自由診療になりますので通常10~30万円ほどの費用がかかります。ただ、費用がかかる分、先端技術での治療を受けることができます。

仕上がりがきれいなのは?

治療後・術後のペニスを比べてみると、包茎専門クリニックで治療をうけたほうが自然で、また美しい仕上がりになります。

これは包茎専門クリニックの多くが美容整形クリニックを運営母体としているのが理由です。手術の跡を顔に残さない技術は美容整形では必須です。この技術が包茎手術にも使われていますので、仕上がりがきれいになるのです。3次元精密作図法なども利用しつつ、満足のいく仕上がりとなるようにしてくれます。

一方、泌尿器科で行われるのは包茎の治療です。美容整形的な仕上がりの美しさは目的とされていませんので、手術跡がはっきりとわかる仕上がりになることも。手術した先端部分と根元の色が違うなんてことになり、クリニックに相談にいくぐらいなら、はじめから専門クリニックで治療を受けたほうがよかったと思うことでしょう。

機能に問題が生じやすいのは?

上述のように、泌尿器科は仕上がりの美しさ自然さを重視しないばかりか、性感帯の温存という点もあまり積極的に考えてくれません。泌尿器科ではいまだに小帯(いわゆる裏スジ)を切除する手術をすることがあります。この方法はペニスが鈍感になり、結果として遅漏などセックスライフに影響が生じてしまうこともあります。

包茎専門クリニックでは小帯を残し、性感を損なわずに手術できる方法が開発されています。つまり、ペニスの機能に問題が生じにくいという点ではクリニックに軍配があがるのです。

対応のよさは?

包茎の手術に関しては、手術が手術だけに友達にもしられたくはない事柄です。しかし、泌尿器科では他の治療と同じ扱いですので、包茎治療だからといって特別な配慮があるわけではありません。病名が聞こえてしまったり、治療を行うのが女医だったりと、恥ずかしい思いをすることがあります。

一方、専門のクリニックでは、完全個室でのカウンセリングが行われているとこがあります。それならプライバシーも守られますね。また、男性スタッフのみで対応してくれるところもありますので、安心してカウンセリングから治療まで受けることができるのです。

包茎専門クリニックと泌尿器科では、以上のような違いがあります。繰り返しになりますが、泌尿器科では包茎手術は単なる治療として行われます。しかも生命に関わる病気でもありませんから、専門クリニックほどの丁寧さはありません。

泌尿器科で治療するメリットは費用の点のみです。デメリットとリスクの高さからすれば費用をなんとか作ってクリニックで手術を受けるのがどう考えてもおすすめです。後悔をしない手術をしてください。



>>おすすめクリニック人気ランキングを全て見る